2018年9月13日 (木)

扇谷地溜池からの鳥海山!!

どーも【Su-da】です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
最近は寒暖差が激しく、もう秋の装いとなってきましたが、
皆さまどのようにお過ごしでしょうかsign02
体調崩さないようお気を付けくださいo(_ _)oペコッ

…ということで、先日冬師湿原に行ってまいりましたrvcar

Dsc03189

県道312号線に大きな看板があり、
車一台分しか通れないような砂利道を進んでいきますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Dsc03217

途中には鳥海モトクロスランドの看板があり、更に進んでいくと開けた駐車場スペースがありましたcarrvcarcarrvcar

Dsc03192

扇谷地溜池には展望台もあり、最高のロケーションsign03Σ(゚□゚(゚□゚*)

Dsc03203


四季によって、様々な容姿を見せてくれる鳥海山が逆さに映る池(・∀・)イイ!
誰でも簡単に撮れるインスタ映えするポイントですcamerashine

Dsc03207

池の反対側にはススキ畑が広がっていました(*´ェ`*)

Img_7435

帰りに土田牧場のジャージーソフト(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

これからの紅葉シーズンにまた来てみたいと思いますrun
皆さんもぜひ足を運んでみてくださいsign03

【Su-da】

2018年9月12日 (水)

行きあいの空

立秋もとうに過ぎてはいるのですが、温暖化の影響でしょうか、

今日の空が、秋がやって来そうな行きあいの空でしょうか。

  ツリバナ

P1190031 P1190032

ツクバネソウ(黒い実の所が羽子板の羽のようだ)

P1190041 P1190043

サラシナショウマ(和名、晒菜升麻、若い芽を晒して食べたことによる)

P1190048

ホツツジ

P1180942 

キンコウカ(草紅葉が楽しみ)

P1180997 

エゾリンドウ

P1180998 

ナツゼミ  春はハルゼミが5月ごろから活動し、夏になるとこのセミに変わる。

P1180945 声が小さくなりました。

色付き始めた森は川の流れも静かです。(ヘナソ川)

P1190059 

鳥海マリモと違い岩に付いている苔

     P1190016

P1190013_2  P1190019

                        2018 9/11 yosiji






































2018年9月 6日 (木)

道の駅バトル2018番外編「環鳥海カレー対決」~高原の駅編~

先週末の、9月1日から始まった「道の駅バトル2018」!

みんなはもうカレーを食べに行ったかな!?

Photo

すでにご覧になった方ならご存知かもしれないが、パンフレットの表紙には道の駅の料理長が肩を並べている!

そして中央にいる屈強なマスクマンは、山形県遊佐町のご当地グルメ「遊佐カレー」をPRする「遊佐カレーマン」だ。

決して中華まんの「カレーまん」じゃないから勘違いしないでくれよ!

この記事を書いてるのは「遊佐カレーマン」じゃないけど、「遊佐カレーマン」的なイメージで記事を書いて行くからついてきてくれよな(=゜ω゜)ノ

 

さて、今年の道の駅バトルも、番外編がついていることから、道の駅以外の店舗も参加している。

今回の記事では、秋田県由利地域から電撃参戦した「高原の駅」3店舗を特集したい!

●「鳥海ダムカレー」~フォレスタ鳥海

00

由利本荘市鳥海町の猿倉温泉境の最奥に位置するのが、ホテルフォレスタ鳥海だ。
森の中のリゾートホテルという位置づけで、窓から見える鳥海山の絶景と、天然温泉が楽しめるのが魅力。
レストランは周囲がガラス張りで、森の中にいることを意識させられる癒しの場となっている。

さて、そんな森のレストランでランチタイムに出されるのが、この「鳥海ダムカレー」である。

カレーはキーマカレーを使用し、ダムの堤体に見立てたデカいカツが乗っている。
堤体の奥にはごはんに囲まれた色とりどりの野菜が食べる楽しさを与えてくれる。

カツはフォークで豪快に口に運ぶのもいいが、ナイフを使って切ってしまうのがスマートな食べ方だ。
一口大に切ったカツをカレーに浸し、ライスを載せてスプーンで一緒に口に運ぶ。
キーマカレーの濃厚な味わいと、サクサクのカツが心地いい食感を与えてくれる。

素揚げした野菜で口直しをし、またカレーとカツとライスを口に運ぶ止まらないルーティン。

見た目の期待を裏切らないバランスのいい料理に、きっと満足するはずだ。

●「鳥海山カレー」~花立クリーンハイツ

00_2

由利本荘市矢島町の高原エリア、花立牧場公園に位置する花立クリーンハイツ。

クリーンハイツは昨年からリニューアルオープンし、新メニュー「鳥海山カレー」を発表。

鳥海山に見立てた山盛りライスには鳥海山の雪をイメージしたホワイトソースがかかっていて、カレーソースとWソース仕立てだ。

ホワイトソースにはもちろん花立牧場のジャージー牛乳が使用されており、濃厚なミルクの味わいを楽しむことができる。
ピリ辛のカレーと相まって、飽きの来ない、味の相乗効果に成功している。

付け合わせにはこれまたジャージー牛乳のヨーグルトがデザートとしてついている。
このヨーグルトはテレビ番組でお土産として取り上げられたり、JALの機内食としても採用されたことがある、箔付き商品である。

お土産としてもぜひ購入しておきたい一品。

●「カツカレー」~やまゆり

00_3

由利本荘市由利町の南由利原高原に位置する「サイクリングターミナルやまゆり」。
そこのレストランで提供される人気の定番メニューがこの「カツカレー」だ。

見た目もシンプルなまさに「カツカレー」だが、侮ってはいけない。

カレーは具材がほとんど溶けてしまうほど緩めに煮込まれ、一見するとカレー汁のようだが、味は非常にスパイシーで、凝縮したカレーソースの旨みに驚きを隠しきれない。

また唯一の目に見える具材であるスライス玉ねぎには焼き目がついており、口に入れた瞬間焼き野菜の香ばしい香りが口に広がる。

カツも厚く、サクサクの衣と、ホクホクのブタ肉が何とも形容しがたい幸せな気分にさせてくれる。

スパイシーなピリ辛カレーソースは、食欲を増進させてスプーンが止まらない。
このシンプルな見た目からは想像できないほど、美味しいエッセンスが凝縮されている。

道路沿いに「カツカレー」のノボリ旗を出すほどの自慢メニューであろうことは確かなようだ。

 

さて、この道の駅バトル。
国道沿いの道の駅は、集客力で言えば非常に有利な立場にあるが、参戦した「高原の駅」と庄内の「カレー専門店」は、決して油断できない強敵であろう。

間もなく開始から1週間。

投票数も着々と増えており、無料配布中のカレーカードがすでに半数となっている店舗もあるぞ!

この記事を見て、カレーを食べたくなったそこの君!
ぜひ、カレーバトルに参加して、豪華賞品を当ててくれ!

ちなみに私はカレー対決に携わってからずっと、頭の中からカレーの香りが漂ってきているぞ。

道の駅バトル2018 環鳥海カレー対決の詳しい情報は、こちらの公式サイトで確認してくれ!

Curry_3





【M19】

2018年9月 5日 (水)

矢島八朔まつりの楽しみ方

台風一過、皆様無事でしょうか。

関西は大変なことになってますがΣ( ̄ロ ̄lll)

被害に会われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、今週末の9月8日、9日は由利本荘市の矢島町でお祭りがあります。
曰く、400年以上続くお祭りのようで、伝統ある祭典です。

本番まであと3日で準備も大変なことでしょうが、この台風での被害がないことをお祈りしつつ・・・
今回は、この矢島町のお祭り「八朔まつり」の見どころをご紹介します。

2017_180905_0413

まず、どんなお祭りか。
簡単にいうと、年に1度、神明社の神明様が、宇賀神社の弁天様に会いに行くロマンチックな日ということらしい・・・

どっちも女神だよ!とか、もとは同じ神様だろ!なんて無粋なことは言わないように(゚▽゚*)

祭りは二日間、宵宮と、本祭があります。
どちらの日も山車を引いて太鼓を叩き、町を練り歩くというのがお祭りの概要です(笑)

さて、8日は宵宮にあたりますが、開始時間は午後6時30分ごろから矢島駅前を6町内の若者が山車を引いてスタートします。

山車は太鼓と獅子頭を乗せた小さなもので、太鼓を叩き、笛を吹きながら神明社を目指して歩きます。

若者達が神明社に到着し、神明様のお神輿が出てきたら、いよいよ宵宮本番。
神明様のお神輿を6町内の山車や灯篭が取り囲んで行列をなして練り歩きます。

2017_180905_0416_3

この行列は非常に華やかで賑やかなものです。

この田舎に、まだこんなに若者がいたのかと元気が出てきますヽ(´▽`)/

行列は20時30分頃にスタートしますが、これを見るなら矢島郵便局からササヤデンキまでの、この区間ががいいでしょう。

さて、この行列が宇賀神社に到着しても、若者達の夜はまだ続きます。

21時30分頃、6町内の若者達が矢島駅前に集結し、太鼓の披露をします。

Received_664452913717332

行列ではわかりにくいですが、各町内で太鼓のはやしが違いますので、この共演会で違いを確認してみるのも面白いですよ!

さて、一夜あけて二日目は朝から本祭です。

この日は宵宮のときの山車とは違って、非常に大きなもので大型トラックほどもある大きな山車が出てきます。

それぞれの町内で趣向を凝らした人形を乗せ、子供たちが太鼓を叩き、若者達が仮装をして演舞を披露しながら町を練り歩きます。

2017_180905_0422

午前9時30分頃、山科運輸の整備工場あたりからスタートします。

午前中に見たいなら、秋田銀行矢島支店のあたりまでの区間が良いでしょう。

午後からこの行列は矢島駅に向かって歩きます。

若者達も酔いが回ってか(゚ー゚;

さらに活気が出てきますψ(`∇´)ψ

2017_180905_0440

午後2時くらいから、矢島駅前では、神明様のお神輿と、6町内の山車、仮装演舞を見ることができます。

駅前には出店のテントが並び、非常に賑わっているので、この時間帯なら、お祭りの雰囲気を味わうには絶好のポイントになるでしょう。

400年つづく伝統のお祭りと言っても、毎年毎年、若者たちのアイデアで趣向が変わってくるので、ご年配の方々からは騒がしいだけとか批判を耳にすることもあります。

でも恐らく、昔から若者達へのそのような批判はあったと思いますし、それも含めて伝統なんじゃないかなあ。

なにより矢島町で沢山の若者たちの活気ある姿がみることが楽しみな祭りでもあると思っていますので、皆さんも是非、この機会に由利本荘市矢島町に訪れてください(o^-^o)

アクセスは、羽後本荘駅から、由利高原鉄道にのって終点、矢島駅までが便利です!
列車ならお酒も飲めますからね!

なお、8日の土曜日、宵宮の日は臨時列車も運行されるようなので、そちらもご利用ください!

【M19】

2018年9月 4日 (火)

ありゃ不思議!TDK歴史みらい館!

こんにちわsmile
今回インターンシップでブログを書くことになりましたup
西目高校のコスギとショウジですbaseballkaraoke
さっそくですが、TDK歴史みらい館に行ってきましたcar
僕たちは、歴史ゾーンを紹介しますsagittarius

Img_7357

Cimg3401                           

最近では、信じられないような大きいカメラがありましたeye
昔の人は持ち運びにはとても大変だったのではないかと思いましたcrying
昔のカメラの映像はどうだったのか不思議に思いましたsign02

Cimg3399

次は自分たちが生まれる前に遊ばれていたファミコンがありました!!(゚ロ゚屮)屮
今よりも画質は良くなかったし、リアルさがなかったので今のゲームはかなり現実味が増したと思いました( Д) ゚ ゚
昔の人が、今のゲーム機の性能を見たら、実際の映像ではないかと騙されるのではないと思いました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Cimg3405

生まれて初めてVRを体験しました( ̄ー ̄)ニヤリ
VRを付けてみるとまるで自分が別の世界にワープしたのではないかと思うぐらい感覚がおかしくなりましたアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
VRの内容は未来の車の構造を実際に触れるかのように説明してくれますw
やはり字や絵で説明するよりもわかりやすく楽しめる説明でしたw
この技術をこれからの学校などで使えると、より納得でき、楽しく学べるのではないかと思いましたw

TDK歴史みらい館は普段生活していては見れないような昔のものや体験できないような感覚を味わうことができますw
今回は歴史ゾーンを紹介しましたが、未来ゾーンもありますw
未来ゾーンではレプリカで未来の街を再現していたり、
VRを使ってきれいな音楽と合わせてアラスカのオーロラを見ることができますw
ぜひ皆さんも不思議な体験をしてみてはいかがでしょうかw
ちなみに誰が行っても入場料はタダですw
以上コスギとショウジでした!

行ってみよう!TDK歴史みらい館

【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】
今回インターンシップでブログを書くことになりましたgood
西目高校の熊谷と由利高校の川合ですsoccersagittarius
私たちは今回TDK歴史みらい館に行ってきました。
歴史みらい館では、歴史ゾーンとみらいゾーンに分けられていました。


そのうちのみらいゾーンについて紹介しますlovely

Img_3163_3


Img_3117_2

中に入ると、ペッパー君が秋田弁で館内の情報を簡単に説明してくれました。happy02

Img_3149

まずはじめに電磁誘導の原理から、スピンという電子の特性を利用した最先端のエレクトロニクス技術を体験してきました。
とても難しく、良く分かりませんでした。shock

Img_3154_5

スマートハウスでは、AIを活用してより便利な生活が体験できました。wink

Img_3155_3

一本の棒を使って、窓を開けたり、照明を消したりできて、とても便利だと思いました。smile

続いて、フューチャータウンへ行きました。
ここでは、2035年の街と家と自分のすべてがつながった快適な未来社会を表現していました。

Img_3158

ロボットが自分の体調を管理してくれたり、非接触給電システムが構築された街の様子がわかりました。

次にオーロラが見れるVRを体験してきました。

Cimg3416

初めてVRを体験したので貴重な体験になりました。happy02shine

最後に目に見えない磁場を可視化されているインタラクティブマグネティックフィールドシアターを体験しました。

Cimg3433

太陽などの惑星から出る磁場をみることができました。Σ(゚□゚(゚□゚*)

普段は、体験できないような経験とこれからの未来についての体験ができるのでとてもわくわくしました。
皆さんも是非、一度行ってみて下さいsign03
以上、熊谷と川合でしたsign01

2018年8月27日 (月)

山の日 矢島口より鳥海山に登る

こんにちは。
ここ数日は暑い日が戻ってきましたね。
寒暖の差が激しすぎて体がついてきません・・・
皆様も体調管理には気を付けてください。

さて、日が経ってしまいましたが、去る8月11日の山の日。

鳥海山に登ってきました。
今年2度めの挑戦です。

7月はにかほ市の象潟口「鉾立」より登りましたが、今度は由利本荘市の矢島口「祓川」より登ります。

01

由利高原鉄道の矢島駅前の様子です。

雨がちらつき、鳥海山はまったく見えません。
いやー、これは不安すぎます。
辞めようかなあ・・・

02

今回は、矢島駅から出発するシャトルバスを予約しています。
バスはちゃんと準備していました・・・
これから中止するのも悪いので乗って行きましょう。

このシャトルバスは、朝6時に矢島駅を出発します。
始発の由利高原鉄道のおばこ号では間に合いません。

このバスを利用する場合、矢島駅最寄りの宿を利用して前泊しておくのが良いでしょう。
または、12時30分発の便で鳥海山に向かって、山で1泊。
次の日の朝の便で帰ってくるといった、滞在型プランに最適なシャトルバスです。

※このシャトルバスは8月19日で運行終了していますので注意です。
 使いたい人は来年よろしくお願いします!

03_2

さて、シャトルバスは花立牧場公園を経由していきます。

複数人で利用するという場合は、花立のコテージやバンガローで前泊というのもいいでしょうか。

天候はやはり雨。
今日は雨合羽が必須装備になりそうです。

04

バスは祓川に到着です。
今日は山の日ということで、「遊登山」と「ちびっこハリキリマウンテン」の参加者で駐車場は人だかりが出来ていました。

上の写真は祓川山荘からみた竜ケ原湿原です。
相変わらず雲で何も見えません。
小雨も降っている状況。

まあ無理をしないで途中下山も覚悟しながら登ることに。

05

大きな石段が続く、タッチラ坂を上ってきました。
雨のせいで石が滑りやすく危険です。

06_2

最初の雪渓です。
まだこんなに雪が・・・
やっぱり今年は雪が多かったんですね。

しばらく歩いて、7合目、御田を超えて、康新道との分岐点まできました。

07

ここまで来て、雲が晴れて行きます。

山頂が見ました!
おー、なんだかやる気が出てきます。
雨合羽も脱いで、目指せ山頂!

08_2

9合目、氷の薬師を抜けて、舎利坂手前の石段。
山頂は青空ですね。
あきらめないで登ってきてよかった。

さあ、最後のラストスパート!
舎利坂を一気に抜けます。
でもここから足元悪いので慎重に・・・

崩れやすく、足元が不安定な舎利坂を抜けると、いよいよ矢島口山頂。

一等三角点が設置してあるもう一つの鳥海山山頂「七高山」に到着です。

09

七高山は標高2,229m。

鳥海山の最高峰、新山よりは5mほど低いことになっていますが、ここからの眺めも最高です。
今日は新山山頂まではっきり見ることができました。

朝の天気がウソのようですね。

先月見れなかった頂上からの景色がここにあります。

11

帰りはルートを変えて、康新道ルートで下山することにします。

ちょっと遠回りですが、ここからの景色は最高!

紀元前466年前の山体崩壊した跡を左手に見ながら下山することができます。
眼下に広がる大森林。

あがりこ大王で有名な中島台自然公園があるのもここですね。
このもりの中にどんな不思議があるのかと、雄大な自然に思いを馳せながら山を下ります。

12

しばらく康新道を下ってくると、石碑があります。
本荘山の会 4代目会長 安藤武俊氏の慰霊碑です。

ここは高い木がなく、風通しもよく、鳥海山が山頂まで見えて、麓まで眺めることができる爽快な場所です。

こちらのルートは景色がよく、天候が良い日はオススメしますが、風が強かったり、雨が降っているときは足元が悪いので非常に危険ですので注意しましょう。

さて、帰りは天候が回復し、無事に下山。
この日は山の日ということもあって、沢山の登山客が訪れていました。

いま、矢島口ルートは、7合目付近の七ツ釜避難小屋にトイレを整備しています。
こちらのルートは比較的急こう配で大変ですが、来年はトイレも出来て便利になります。

沢山の登山ルートがある鳥海山。
みなさんもぜひ、挑戦してみてくださいね。

【M19】

2018年8月22日 (水)

まるっと鳥海学習交流会 in にかほ!

夏の暑さも和らいで、過ごしやすくなったなあと思っていたら、思いのほか夜が寒くて風邪をひきそうです。

さて、夏の甲子園も、秋田県勢、金足農業高校が決勝戦に進み盛り上がりましたね!
決勝戦は敗れてしまいましたが、こころに残る100回記念大会となりました。

そんな8月も残すところあと10日足らずですが、今月もいろいろネタがありました。

 

8月9日、まるっと鳥海学習交流会が開かれました。

山形県酒田市、遊佐町、秋田県由利本荘市、にかほ市の4市町から20人の小学生が参加してくれました!

今年の会場はにかほ市。

朝から観光拠点センターにかほっとに集合しました。

0100

それぞれの地域の子たちがバラバラになって4班に別れます。

ここでは初めて出会った子供たちが打ち解けてくれるように、アイスブレイクタイムです。

リズムに合わせて名前を呼ぶゲーム!

1、2、3、4にあわせて、手をたたき、膝をたたいて、「名前」を呼んで、「よろしくね」!

みんな固くなってた表情も徐々に和らいでいきます。

 

名前を覚えたら、さっそく学習会最初の会場、蚶満寺と九十九島へ徒歩で移動します。

0200

ジオガイドの方たちに松尾芭蕉のお話と、九十九島の成り立ちを教えてもらいます。

島それぞれにいろんな名前がついていて面白いですね。

また、一つ一つの島にも特徴があって、自然の不思議を感じた子供たちでした。

0300

続いて蚶満寺の山門へ。

こちらでは、蚶満寺の24世住職、覚林和尚が、九十九島を田圃の開拓事業から命を懸けて守り、今の景色が残ったことなどのお話を聞く。

みんな真剣にメモを取ってました。

そして、さらに場所を「象潟郷土資料館」に移します。

0410

こちらでは主に、日本遺産に追加認定された北前船の歴史について学びます。

お話の上手な斎藤館長さんの説明に、みんな聞き耳を立てながら、必死にメモをっ取っていました。

0420

3階では北前船の模型を前に船の仕組みを学びます。

海のデパートと呼ばれる北前船が、どうやって各地を渡り歩いて商売をしてきたか。

館長さんのお話に、自分なりに想像を膨らませて、時折出題される問いかけに一生懸命答えている子供たちでした。

さまざまな工夫を凝らして、大きな夢を託して、命を懸けて航海した男たちのロマンを感じます。

さて、そろそろお腹も空いてきたかな?

昼食会場でもある道の駅象潟「ねむの丘」に移動します。

0500

今日の昼食はねむの丘の新作メニュー、特性キーマカレーです!

にかほ産のいちじくとトマトを煮込んだカレーと、夏野菜のトッピングが食欲をそそります。

0600

ご飯はお代わり自由!ってことで「いただきまーす!」

0700

さて、食後はいよいよお楽しみ!

炭酸ジュースを使った噴火実験です。

コーラの入ったペットボトルの中に、お菓子のメントスを落とします。

0800

すると・・・

0710

炭酸が発砲してペットボトルから泡があふれてきます。

普段、お家では怒られちゃうような禁断の遊びに大はしゃぎの子供たち(゚m゚*)

子供のころの炭酸ジュース遊びは楽しかったですよね?経験ありません?

お家でやるときはバレないようにやってね(・∀・)ニヤニヤ

 

さて、楽しい実験が終わったら外に出かけましょう!

つぎの会場は、中島台レクリエーションの森!

1000

駐車場で、準備運動をしたら出発です!

さあ、不思議の森の冒険だ~ヽ(*≧ε≦*)

1100

森の中は木道が整備されていて歩きやすい。

滑り止めの横板も新しくなってて安全ですね。

1200

途中、へんてこな形のぶなの木が・・・

なんでこんな形になっちゃうのかなあ。

ジオガイドの話に耳を傾けて不思議な森が出来上がるまでを教わります。

1300

なんだこれは?となぞの構造物が。

苔むして、ところどころ崩れたほこらのようなもの、これは炭焼き窯です。

これが「あがりこ」異形ブナの原因だったりもします。

「あがりこ」とはブナの切り株の上に芽吹いた新しいブナのこと。

そして木道終点部に君臨する巨大なブナの木・・・

1400

これが「あがりこ大王」とよばれる異形ブナの王様。

樹齢は300年を超えると言われています。

ジオガイドさんのお話を聞きながら、自然の不思議、大昔の人の知恵、そういったものが混ざりあって、とても神秘的で、この場所が神聖なところに思えてくる。

子供たちも「あがりこ大王」を目にしたときのさまざまな感動があったことでしょう。

この場所で、全員で集合写真を撮影しました。

不思議の森にはこのほかにもたくさんの不思議がいっぱい!

みなさんもぜひ、森の散策に出掛けてみましょう。

1500

さて、最後の場所は「ねむの丘」のレストラン。

学習交流会の総まとめです。

アンケートを書いてもらって、最後のお楽しみ。

1600

いじちくアイスクリームを食べて解散となりました。

たくさんの新しいお友達ができて、最後はみんな楽しそう(*^-^)

ほかの学校でもすぐ仲良くできる子供たちがうらやましいなあ・・・

夏休みの自由研究、頑張ってね!

 

鳥海山にはまだまだ不思議がいっぱい!

こんなところが近くにあるんだ!、自然ってこんなに面白い!、ふるさとはこんなに楽しい場所なんだと、みんなが自分のふるさとのことをもっと知ってくれて、自分の中で鳥海山が「日本一の山」となってくれるよう願っています。

ご参加いただきました子供たち、送り出してくれた親御さんたち、スタッフみんな、ありがとうございました。

では、また来年、たくさんの参加、お待ちしております!

【M19】











2018年8月16日 (木)

「日本海花火フェスティバルinにかほ第70回記念大会」について

8月16日(木)に開催予定だった「日本海花火フェスティバルinにかほ第70回記念大会」については、雨のため翌日に順延になりました。
明日は晴れてよ~(ノД`)・゜・。

12


2_2

2018年8月 7日 (火)

いざ、飛島へ!

どーも【Su-da】です(。・ω・)ノ゙
久しぶりの雨はかなりの大雨でしたねrain
皆さん大丈夫でしたでしょうかsign02
先日飛島に行ってまいりましたship

01_2

乗り場に着くと休日ということもあり、人がたくさんいましたι(´Д`υ)アセアセ

02_3

ウミネコも乗船しておりますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

03_2

風が気持ちいい…
1時間15分くらいで飛島へ到着!

04

05

雰囲気はおばあちゃんの実家に遊びに来た感じですな←

06

07

今回は海水浴と島を1周しました(○゚ε゚○)
無料貸し出しの自転車で海水浴場へbicycle

08

天気悪くなくてよかったsun

09

10

次は島1周。
まず最初は、島のミューゼアム澗へbicycle

11

鳥の写真展が行われていました(*´ェ`*)
飛島は渡り鳥の中継地としても有名ですchick

12

次にテキ穴洞窟へrun

13

1969年に22体の古い人骨などが発見されたが、古代人の住み処だったのか埋葬地だったのか解明されていないそうです。
なんともミステリアスですねヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

14

15

続いては鼻戸崎展望台へrun

16

鳥海山が見えるポイントsign01
だいぶ雲がかかってきていてはっきり見えませんでした(ノд・。)

17

少し戻って、鼻戸崎展望台に到着。

18

ここからは飛島の東側海岸線も一望することができますeye

19

結構な時間になっていたので、館岩には上らずにしまかへを経由して宿に行きました。

20

21_2

(もっとゆっくり回りたかった)

22

23

次の日は、天候が悪く何もできないまま帰路につきましたつД`)
もっと遊びたいよーdown

26

とびしまマリンプラザにお土産ありましたsign01
お帰りの際にはぜひどうぞgood

24

25

あっという間に飛島の旅が終わってしまいました。
次行くときは晴れてくれたらいいなーsun
なかなか体験できないことができる飛島にぜひ行ってみてくださいship

【Su-da】

«木のおもちゃ美術館へ

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ